授業とノート


■授業とノート。速記をまとめる、という考え方

 ノートの大きな、そして悩ましい問題は、「その瞬間に完結させるか」ということです。
 授業中は、間違いなくノートを取るよりも早く授業は進んでいきます。研修や会議もそうですね。議事録を作る人は苦労をするはずです。
 授業内でノートを完成させる。その瞬間に完結させることは理想ですが、それはなかなか難しそうです。
 なぜなら、その授業で行っている事だけでなく、関連知識も含めた理解を、その授業を受ける時点でしておく必要があるからです。
 ですので、授業内でノートを完結させることは難しい、ということをまず意識しておく必要があります。
 なぜこれを意識しておく必要があるかというと、ノートが不完全なものである、という前提がない限り、ノートを見直したり、まとめたりすることが難しくなるからです。見直すのもまとめるのも、単純に言えば面倒くさいので、最初からやるべきことのセットに入れておくことが重要なのです。
 その上で、授業中に取るノートは、後になってまとめやすくするための工夫が必要になってきます。
 後でまとめる、と言っても、そこでふんだんに時間が使えることはまれでしょう。授業中に書いたものを、関連付け、情報に順位を付け、できれば補足や注釈を入れる。
 それが、授業外でノートをまとめる、ということです。
 となると、そのまとめを行うための情報を、最低限授業中にノートに書いておく必要があります。
 その時に重要になるのが、矢印や不等号など、関係性を表す記号です。
 関係性を言葉で表すのは難しいので、記号を使うことで時間を短縮することができます。
 また、字のきれいさについても、綺麗さをそれ程追求せず、少なくとも読めるように書いていく事で、これも時間を短縮することができます。
 ちなみに、ノートに字を書くときに重要になるのが、字の大きさと感覚です。これをそろえるだけで、パッと見た時に大幅に見やすくなります。
 このように、ノートは授業中と授業後で完成に近づいていきます。また、その後であっても、気づきや学びがあるたびごとに書き込みができるとなおよいですね。
 そのような観点からも、ノートは余白をたっぷりとったほうがよいのです。